キャリアデザインで大切なこと

アプリ開発、ウェブデザイン、サーバー管理などのように、ITエンジニアに求められるスキルは幅が広いため全てで一流になろうとしても難しいでしょう。
まずはそれぞれの分野で一流になることから始めることが大事です。
そのためにはどのようなキャリアにしたいのかを具体的に決める必要があります。
何のキャリアを積みたいかを最初に決めておかないと、色々な仕事をすることになります。
流されるように仕事をしても、どれも身に付かないでしょう。
そうならないために自分でキャリアについて考えましょう。

具体的にどのように決めるといいかというと、なりたい人や憧れの仕事を見つけることから始めるのがいいです。
なりたい人がいるのであれば、同じ技術を学べるように会社を選んだり、学校に通うといいでしょう。
憧れの仕事があるのなら、そこで働けるように行動を起こすことが大事です。
働いているうちに、進みたいキャリアに近づくスキルを学べる可能性は高いでしょう。
キャリアの出発点を間違えなければ、そのまま進むことができます。

しかし全てが順風満帆に行くわけではなく、学びたいこと以外のことも学ばねばならないときもあるでしょう。
寄り道を余儀なくされることがあるはずです。
そんなときは嫌々ではなく、それを楽しんでみてはいかがでしょうか。
寄り道しても最終的にキャリアを積める場所までたどり着けるのなら、寄り道は無駄ではありません。
将来役に立つ糧になるでしょう。
目指すキャリアはその先にはないかもしれませんが、ITエンジニアとしての経験が積めます。
この経験がエンジニアとして大きく成長するきっかけになるでしょう。
キャリアデザインは始めから立てて、そこに行き着くまで努力することが大事なのです。