ITエンジニアの年収は本当に高いの?

IT系の仕事ということで、エンジニア職の年収は高いと言われることが多くあります。
しかし、本当に高いのでしょうか。
実は、それは必ずしもそうとは言えません。
何故ならシステムエンジニアといえども経験年数や職のレベル、勤務する会社の規模によって年収が変わってくるからです。

当然ながらエンジニアといえども新人の人にはいきなり責任が重い仕事は任せられるものではありません。
エンジニアの仕事としては、設計、開発、テストなど工程がありますが、新人時代はこの工程の中の一部しか任せられません。
仕事量としては少ないので年収も高くはないのです。
年収が高くなってくるのは全体の管理やマネジメントを任せられるようになってからです。
エンジニアは新人を経験したのち、サブリーダー、リーダーと職のレベルが上がってきます。
当然ながら職のレベルが上がるにしたがって年収も高くなります。
また、自分が勤務している会社の規模によっても年収は変わります。
当然、システム構築の受注元である大企業のほうが年収が高くなるでしょう。
そこから仕事を受ける下請け会社はやはりどうしても年収が低くなってしまいます。

このように、エンジニア職といえども、必ずしも年収が高いわけではありません。
やはり全体を管理・マネジメントする立場、そして受注元により近い会社の方が年収が高くなるということです。
そのため働く会社や職種、プログラミング言語などはよく吟味してから決定しましょう。