どのような職種?ITエンジニア

日本において必要不可欠な職種であるITエンジニアは、一体どのような職業なのでしょうか。
言葉の意味を考えてみると、ITが情報技術の略称であり、エンジニアは技術者を意味しています。
したがってITエンジニアとは、簡単に言えば様々な情報技術を取り扱う技術者だと言えるのです。
そんなITエンジニアは多数の職種に細分化することができます。
ここではその中から、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニアの3つを紹介します。

システムエンジニアは、様々なソフトウェアやシステムを作り上げるために、設計から開発、製造、テストまで、一貫した業務に取り組む職種のことです。
ソフトやシステムはチームで作り上げるケースが多いのですが、システムエンジニアは指揮や管理の役割を担います。
クライアントとコミュニケーションを取りながら、顧客にとって最適なシステムを作り上げていくのです。
一定の経験が必要な職種であり、給料も高い傾向にあります。

続いてプログラマーは、ソフトやアプリを開発する時に、プログラミングに徹する職種を指しています。
システムエンジニアが作り上げた設計書に基づき、正確に、そして着実にプログラミングを作っていきます。

一方ネットワークエンジニアは、コンピューターネットワークを構築する時に欠かせない職種です。
ネットワークの設計から構築、運用まで、幅広い役割を担います。
ネットワークが遮断されるとシステムは大打撃を受けるので、トラブルが発生した時にいかに早くリカバリーできるかも、重要な資質だと言えるでしょう。